低用量ピルの仕組みを知っとこう

妊娠した女性なんでピルを飲むと生理痛を和らげることができたり避妊が出来るのか?すごく疑問ですよね。もちろん、そんな疑問を追求しなくても効果はしっかり得られるのですが、自分が飲むお薬のことですし、知ってても損はないと思うので勝手に紹介しちゃいます。

 

低用量ピルには、体内で分泌される女性ホルモンの「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」が主な成分として配合されています。この成分を体外から取り入れることで、体内ではホルモンが分泌されなくなります。そうすると卵巣が休眠状態になり、排卵が抑制、子宮内膜が厚くなりません。

その結果、妊娠を防げたり生理痛を軽減できるというわけです。

 

さくっと簡単に説明しましたが、低用量ピルを飲むことで体は排卵後と同じ状態になり、排卵が起こらなくなるのです。

 

低用量ピルを通販で購入するために

低用量ピルイメージ
さまざまな用途に使われている、低用量ピル。
今では、通販を利用すればとても簡単に手に入れることができるようになっているので
避妊に失敗して後悔しないようにも、利用してみてはいかがでしょうか。

 

低用量ピルの通販はこちら